〇歯ヨガ

オーラルヨガ

 

舌は味覚と発声のための臓器で、舌が湿っている時に味覚を感じますが、乾いていると味を感じにくくなります。

また、舌は言葉を出すのに大切な臓器でもあります。

 

そして舌を動かすことによって出てくる唾液には、様々な身体にとって大切な働きがあります。

 

 

 

・唾液に含まれるアミラーゼは消化酵素であり、食べ物の消化を助ける

 

・口を清潔に保つ洗浄作用があり、虫歯を防ぐ

 

・粘り気を出して、口の中の粘膜や舌を保護する

 

・唾液に含まれる、リゾチームやラクトフェリンが、細菌の繁殖を防ぐ

 

・唾液中のペルオキシダーゼは、発癌性物質の毒性を抑える

 

舌を動かす簡単なヨガをお伝えします。

よく噛み、舌を動かして

沢山の唾液を出し、全身の健康を保っていきましょう。

 

 

体操は

(1)口を横に引っ張って「りー」と声を出し、次に舌を前歯に付かないよう突き出し「えー」を10回

(2)口を閉じ、舌で歯茎の周囲を時計回りと反時計回りに5回ずつなめる

(3)鼻呼吸をしつつ頬をすぼめ、膨らませる動作を10回

(4)上顎に舌を吸い付け100秒間キープ。吸い付けた舌を離し音を鳴らす動作を10回。

 

マッサージは口を大きく開け、下顎を左右に大きく動かすほか、こめかみや両顎の付け根の咬筋をほぐし、鼻の横のつぼや唾液腺を刺激する。

実施後は心地よい疲労感。口周りが温かくなり、口や舌の動きも滑らかに。唾液分泌も促し虫歯や歯周病も予防できる。