​◯レーザー治療 (炭酸ガスレーザー)

レーザー治療は歯の削る量が少ない、

かつ痛みも少ないという大変優れた治療法です。

​当院では、炭酸ガスのレーザーを用いています。

​炭酸ガスレーザーは、波長10.6μmで目に見えない遠赤外線領域のレーザー光線です。

レーザー光線は、細胞内の水分に吸収され、熱エネルギーが発生します。

その性質を利用して、歯科の世界では幅広く使われているのです。

炭酸ガスレーザーは、照射距離や動かすスピードを変えることで、

様々な症例に使用することができます。

例えば、近づけて集中的に照射すると、

照射された部位は瞬間的に200~1000℃の高熱になり、蒸散・蒸発します。

また、離れたところから集中的ではなく照射することで

数秒から数分間で40~70℃程度の温度になり、組織が凝固・変性します。

このように様々な機能を持つレーザー治療は、近年増えつつある治療法です。

以下、レーザーを用いた具体的な治療内容です。

ㅇ虫歯の除去

虫歯の部分は水分を多く含んでいるため、炭酸ガスレーザーを高熱で照射させることで、

虫歯の部分だけを除去することができます。

通常の治療よりも歯の削る量が少なく、痛みも少ない治療法です。

 

ㅇ歯質の強化

象牙細管を炭酸ガスレーザーの高熱を照射し、塞ぐことによって、

歯質を強化することができます。

 

ㅇ切開、消炎  炎症を抑える

40~70℃の炭酸ガスレーザーを歯肉の表面に照射し、

温熱効果で血行が促進され炎症を緩和することができます。

膿が溜まっている部分は炭酸ガスレーザーで切開して、膿を出し、消炎できます。

また、歯肉の切開を炭酸ガスレーザーですることによって、

メスで切るよりも出血が少なく、その後の治りも早くなります。

 

ㅇ顎関節症の鎮痛効果、消炎効果、咀嚼筋の      緊張緩和効果(リラックス効果)

顎関節部分に40~70℃の炭酸ガスレーザーを照射することで、

温熱効果で血行が促進され痛みが緩和します。

 

ㅇ口内炎の治療 

口内炎部分に炭酸ガスレーザーを照射することにより、表面に皮膜を作り接触痛を抑えます。

レーザー治療を使った患者様のご感想

​院長

この患者様の場合は、

歯根の先に膿がたまり腫れていました。

膿を排出させるため、歯の神経があるところから出れるように、歯に穴を開け、レーザーを照射しました。

炎症が早く落ち着くことを促進しました。

​患者様

​顔を見ても分かるくらい、歯茎が腫れていて不安でしたが、

​院長がレーザー治療の提案と丁寧な説明をしてくれ、

安心して受けることができました。

表面がピリピリと焼けた感じがして、痛みもあまりありませんでした。

腫れも次第に消えていきました。

質問にも​丁寧に答えてくれるので、有り難かったです。

20代 男性