◯金属を使わない治療(メタルフリー)

人間の身体は大きなコンピューターのような非常に繊細な電気システムのようなものです。

身体に合わない波動の電磁波を出す金属などの物質が体内に入ると、その影響を受けて身体のシステム機能に異常をきたすと言われています。

被せ物1つにしても、身体に合わない金属を身体に合った金属やセラミックに入れ替えることで、原因不明の痛みが消えたり調子が良くなるなど、私たちが思っているよりも、私達の身体と金属は密接に関わり合っているのです。

◯CR (コンポジットレジン)・レジンインレー

コンポジットレジンとは、プラスチックとフィラー(セラミックやガラスの粉末)のことで、

小さなむし歯の治療や欠けてしまった歯を修復するのにコンポジットレジンを充填して固めることで穴を埋めます。

♢メリット

・健康な歯を残しやすい(元からある歯をあまり削らずに改善ができる)

・多くの場合1日で治療が完了する(治療期間が短い)

・天然の歯の色に近くする事ができる

・メンテナンスや再度治療することがが比較的簡単

・保険適応なので費用が安い

・硬すぎないので、対合する歯を痛めない

・金属フリー

 

♢デメリット

・表面が傷つきやすく、水分や唾液を吸収して変色しやすい

・柔らかいので削れたり欠けたりしやすい

・強度が必要な奥歯などには使用できない

◯CAD/CAM冠 

CAD/CAM冠とは、セラミック(陶器)と、レジン(プラスチック)を混ぜ合わせた新しい素材です。

セラミックの長所である強さと見た目の美しさ、そしてレジンの長所である耐衝撃性と粘り、この両方の​良さを兼ね備えています。

レジンの被せ物よりも長く綺麗に保つ事ができます。

 

♢メリット

・保険適応なので費用が安い

・白色で見た目がいい

・天然の歯とかみ合わせても、天然の歯が削れにくい

・噛んだときのあごへの負担が少ない

・金属フリー

 

♢デメリット

・保険適応内だと、前から4,5番目の歯にしか使えない

・年数が経つと、変色してくる

・強度が低く割れやすいため、力がかかる歯にはつけられない

◯ジルコニア

1579233816703.JPG

ジルコニアは二酸化ジリコニウムという、ジリコニウムの酸化物です。

融点が2700℃と非常に高く、透明でダイアモンドのような屈折率を持つため、模造ダイアモンドとも言われています。

非常に硬く、熱や酸、アルカリにとても強いため、歯科医療の素材として優れています。

今までの治療では、奥歯のような力のかかる歯の被せ物には金属を多く用いていましたが、金属が身体に及ぼす悪影響は数知れず、また、一般的なセラミック素材では強度が足りず割れてしまったりと、問題がありました。

その点、ジルコニアは金属フリーで強度も強く、色も白くて透明感があり見た目もいいという特徴があります。

ジルコニアの耐久年数はセラミックよりも長く、数十年に渡って使える​可能性があります。

♢メリット

・金属やセラミック以上に強度があり、割れにくい

・白く透明感があり目立たない

・色が変わりにくい

・金属フリー

♢デメリット

・保険適応外で治療費が高い

・歯を削る量が少し多い(ジルコニアの表面をポーセレンといわれるセラミックで覆うため、二重構造になり、その厚みの分多く歯を削らないと上手くフィットしなくなるから。)

◯タウインレー・タウクラウン

最も強度の強い新しいプラスチック素材。

スーパーエンジニアリングプラスチックに属する、歯科用に開発された強化プラスチックで作られています。

優れた耐久性と耐摩耗性。

そして、150°C以上の耐熱性があり、破折しない特性があります。

 

♢メリット

・強度があり割れにくい

・適合が良い

 

♢デメリット

・色のバリエーションが少ない

・保険適用外で高い

1579233697563.JPG

◯強度(強→→→弱)

タウインレー・タウクラウン→ジルコニア→CAD/CAM冠→コンポジットレジン(CR)・レジンインレー